トップ10

マイクロソフトのツールキットは、安定した2.5.3

カテゴリー: アクチベーターおよびキー | 追加:2015年5月10日、午前4時48分 | ダウンロード: 425
マイクロソフトのツールキットは、安定した2.5.3

マイクロソフトのツールキット - ライセンスとアクティベーションのMicrosoft OfficeとWindowsを管理するためのツールのセット。コンソールの情報ウィンドウに表示されているすべての関数の結果。

アクティベーションに関する情報:
EZ-アクティベーター: これは、KMSを活性化するための簡単​​な調整です。あなたが小売ライセンスを使用している場合、以前のバージョンとは異なり、それは、KMS活性化を使用することはできません。EZ-活性化剤は、活性化の最適な方法を提供するためにあなたの状態のライセンスに関する情報を収集します。これは、自動的に起動に障害が発生した場合に起こり得るエラーに試すことができ、完全な障害が発生した場合にすべての変更を元に戻すことができます。
- それは自動的にあなたのシステムのすべてのKMSキーをインストールし、唯一のKMSライセンスをアクティブ化しようと試み、成功した場合、自動的にAutoKMSを設定します。
AutoKMS: 自動的に180日間延長されますAutoKMSスケジュールされたタスクは、活性化をKMS。他の活性剤のKMSとは異なり、AutoKMSは24/7に動作していないかの唯一の希望で最後の最後で、彼はあなたを失望させません、と計画タスク、ジャーナルから離れて、痕跡を残さないし、実行ファイル。彼はちょうど(あなたがそのようなMAK非KMSライセンスや小売活動を持っている場合、多くの時間を節約できます)KMSライセンスをアクティブ化しようとしています。これは、起動時に実行し、その後24時間毎に、時間の一定量(タスクスケジュールを変更することはできません)の活性化を実行しようとします。ボタンのインストール/アンインストールはAutoKMSをインストールまたは削除するために使用します。
AutoKMSのカスタムタスク: リセットされませんユーザーとタスクのスケジュールデフォルトAutoKMSを交換してください。タスクスケジューラに好きなあなたは、トリガーを設定することができます。

マイクロソフトのツールキットの特徴:
オフィス情報: アクチベーターをチェックして表示し、指定事業所のすべての情報。 Microsoft Officeののエディションがインストールされ、ビット32ビット(x86)、64ビット(x64)の32ビットから64ビットオペレーティングシステム(x86-64の)にインストールされています。活性剤はまた、あなたの製品エディションとバージョン番号を教えてくれます。
Windowsの情報: アクティベーターは、Windowsにインストールされているかどうか確認??と32ビット(x86)ili64ビット(x64の)をビット。彼はまた、あなたの製品エディションとバージョン番号を教えてくれます。
Officeをアンインストール: あなたが手でそれを削除することはできません場合は、マイクロソフトOfficeを削除するのに役立ちますスクリプトを実行します。これは、Microsoft Office 2003のオフィスから2013年には、Officeのすべてのエディションをサポートしています。

これは、次の機能を提供します。
•KMS活性化、
•プロダクトキーをインストールし、
•リアームを行い、
•アクティベーションのステータスをチェックし、
•削除/ KMSサービスをインストールします
•ライセンスのバックアップを作成し、
•オフィス(2003、2007、2010)を削除し、
•オフィスツールキットのWindowsツールキットからの迅速な移行、
•設定の保存アクチベーター
•とはるかに...

バージョン2.5.3での変更点:
- それが無効になっている場合AutoKMSは、W​​indowsイベントログサービスを可能にします。
- Windowsの10サポートのためのTAPアダプタのドライバを変更しました。
- 削除誤差を低減するWinDivertフォルダを移動しました。
- 予備のWindows 10テクニカルプレビューのサポート。
- リワークWindows版検出。
- TaskSchedulerライブラリ更新。

年: 2015
オペレーティングシステム: Windows®のALL
言語: 英語
アクティベーション: また、
サイズ: 50 MB

programama.com
2015