トップ10

Agisoftフォトスキャンプロ1.1.2ビルド2014

カテゴリー: ソフトウェア | 追加:2015年2月10日、午前3時43分 | ダウンロード: 405
Agisoftフォトスキャンプロ1.1.2ビルド2014

Agisoftフォトスキャンプロ - アップロードされた写真の3Dモデリングのための強力なソフトウェアです。自動モードですべてを行い、あなたは単純に3Dモデルを作成していきます、デジタル写真を追加する必要があります。
あなたは、3Dモデルを取得したら、別の形式で保存することができます。任意のプログラムと連携して、任意のショットカメラに開始することができ、角度も重要ではありません。
Agisoftフォトスキャンでは、オブジェクトの焦点を指定することができ、次の2つを設定することができますが、3を選択した場合、プログラムは自動的にこの座標系にモデルをリンクします。

プログラムが対象と撮影位置との間の少なくとも1つの距離を入力する場合、フォトスキャンは、モデル全体の規模を復元し、任意の2点間の距離を定義することができますオブジェクトとオブジェクトまたはその部分の面積や体積を計算します。物体の少なくとも三点、または3の撮影位置の座標を入力するためのプログラムは、フォトスキャンが自動的にこの座標系にモデルを結合する場合、投影モデルを計算することができさまざまな形式で指定された面(DEM)DEMとオルソ出力に関して面(オルソ)、DEMを与えられ、座標系。写真の処理は​​完全に自動化され、事前にキャリブレーションや写真を手動でラベル付けを必要としません。

原則として、プログラムのユーザーの目的は、対象のフォトスキャンテクスチャー3Dモデルを復元することです。

このオブジェクトは、3つの処理段階を通過することによって達成されます。
用語やカメラの内部および外部の向きのパラメータの1定義。この段階でフォトスキャンが写真の共通点を見つけて、それがカメラのすべてのパラメータを定義します。(スケールまで)、ステータス、向き、内部形状(焦点距離、歪みパラメータなど)。この段階の結果は、カメラの位置及び姿勢に3Dモデルデータにおける共通点のまばらな雲です。
フォトスキャンの点のクラウドは、処理の後の段階で使用されていない、唯一のアライメント品質の画像を視覚的に評価するのに役立ちます。しかし、ポイントクラウドは、外部プログラムでさらに使用するためにエクスポートすることができます。
処理の後の段階で使用されるカメラの位置と向きにデータを設定します。

オブジェクトのジオメトリの2復元。高速、ネクタイ、洗練された高さマップの方法:第二段階でフォトスキャンは、4つの規定のいずれかのアルゴリズムを使用して、オブジェクトの形状を記述する3次元多角形のモデルを構築します。モデルを構築した後、それを編集する必要がある場合があります。そのようないくつかの変更、
など最適化モデル、隔離モデルコンポーネントの削除、穴埋め、などフォトスキャンで直接行うことができます。より複雑な編集操作が多角形モデルにエクスポートすることができますのために外部エディタで編集してから、編集したモデルが戻ってすでにインポートします。

3.テクスチャオブジェクト。最後のステップは、テクスチャリング、および/またはオルソフォトの構築を含みます。フォトスキャン建設テクスチャモデルのいくつかの方法は、マニュアルの該当節に詳細に記載されています。



日付: 2015
プラットフォーム: Windows XP / Vistaの/ 7/8(ビット32と64)
インタフェース: マルチ/マルチ
アクティベーション: キー
サイズ: 84.61メガバイト

ダウンロード:Agisoftフォトスキャンプロ1.1.2ビルド2014
programama.com
2015